不登校支援の内容

 

~学び直ししたい人を支援します。~

 

 

   

 

「つまずき、遠回りは人生のマイナスじゃない。

新たなスタートです。」

 

 アプロ・スタディ 代表 宮園  和哉 

 

 れまで、発達障がいの生徒中心の算数・数学教室(112個別)や

、高校受験専門の教室(少人数個別・英数理社)を高ヶ坂で運営してきました。

 

私は、高校受験は大阪府の公立志望校に合格し順調でしたが、大学受験では

自分の実力と志望大学(東大理系)とのギャップに悩み、1浪目で初めて実施

された共通一次試験に失敗し2浪目は予備校にも行かず宅浪(ひきこもり)

を経験しました。40年経った今も私の体にはひきこもりの跡が消えずに残っています

(ほとんど運動しなかったため)

 

 大学卒業後はエンジニアとして採用されましたが、仕事の内容が合わず二度

転職を経験しました。三番目の会社(大手企業でやっと自分に合った、

やりがいのある仕事知的財産権)を見つけることができたため、定年退職

まで仕事を継続することができました。

 

 長く勤務できた三番目の会社でも、一時、管理部門に移り、慣れない仕事

でミスを犯してしまい、熱も無いのに体がだるくて会社を休んでしばしば

内科に駆け込むというツライ時期がありました。妻からは心療内科に行った

方がよいのではと言われましたが、自分がメンタル的に問題があることを認

めなくなかった気持ちがありました。

 

会社へ行かないといけないと思い自宅を出て駅まで行くのですが、やはり

行けなくて自宅に引き返すときのあの辛さ、情けなさ・・・

これまでの紆余曲折な人生経験をもとに学び直し人生のやり直し

したい人を温かく、優しく応援します。

 

 

指導方針】

「長い間、学校へ行っていないのでちゃんと通えるか不安だ」「授業(勉強)に集中する

のはキツイかも…」という方も大丈夫です。まずは趣味などの話をしながら、講師との

コミュ二ケーションに慣れていくことからスタートし、将来の進路や日常の悩みを相談

できる信頼関係を育んでいきましょう。自分のペースでリラックスして勉強が出来るよう

になるまでは、あせらずじっくりと寄り添うかたちで授業を行います。

  一人ひとりに合ったカリキュラムで学習することにより、目標達成(夢実現)につなげます。

また、個人別「プラン&進捗表」で学習進度を確認していきます。

 

 

【特徴】

マンツーマンで学び直し

「算数や、中学・高校数学の学習内容に不安がある」「授業についていけない

そんな方でも大丈夫ですアプロ数学教室授業はマンツーマン個別指導ので、

一人ひとりの生徒さんの実力と目標合わせながら無理をしないで勉強を進めます。

 

生徒の気持ちを理解できる

講師自身が過去苦しい経験、挫折を乗り越えた経験があるため、生徒さん一人

ひとりの悩みに寄り添い、気持ちを汲み取りながら向き合っていけます。趣味

の話から将来の夢や悩みまで、何でも気軽に相談してみてくださいね。

 

 

高卒認定試験の数学対策 ←クリックすればご覧できます。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  こんな生徒さんにピッタリです!

 

◆学校に行っていなく、どこから勉強したらよいかわからない

◇学校に行かないけれど学び直したい

◆通信制・定時制の高校生で昼間勉強したい

◇人より何年も遅れているが、都立高校、県立高校挑戦したい

◆高校を中退したが、高卒程度認定試験に挑戦したい  

看護学校入試の数学が不安だ

◇基礎学力がない状態から入試に間に合うか不安だ

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

  

 <不登校の経験のある芸能人>

 

・マツコ・デラックス

周りに合わせるのが辛い。学校の雰囲気がキライ

 

・指原梨乃(元AKB48)

イジメ(無視された)

 

・千原ジュニア

名門の中高一貫校に合格したが馴染めず

 

・小栗旬

イジメ、卒業式出席せず

 

・中川翔子(しょこたん)

私立の中高一貫校でイジメにあう

 

・真鍋かおり

ニキビで悩んで「引きこもりだった」

・宮本亜門

高校受験のストレスにより、肥満となる。玉川学園高等部1年生のとき不登校に陥り、約1年間引きこもり生活を送る

  

・星野源

「コミュニケーションが苦手だったんで。うまくいかないなー、って悩みで、精神的に病んできちゃって。高3の時に3カ月ぐらい学校行けなくなっちゃって。

 

・白石麻衣(乃木坂46)

きっかけは中学時代、陰口を言われたことで、そこから「学校いやみたいな感じになっちゃって、ちょっと引きこもって」

 

・チュートリアル徳井

「友達とのトラブルというか。無視されたりして。『これは行かれへん』となって、小5の後半ぐらい一切行ってない」

 

・伊集院光

高校時代、望んでいたレベルの高校への進学が叶わなかったということもあり、次第に学校へ通わなくなっていった。

 

など