2020年度から

AI知能)時代に必要な統計・データの分析、活用の内容が

小中学校に移行されます。

 

 

 

 

①算数の教科書には2020年度から

 プログラミング内容が入り、

 1データ活用(代表値、ヒストグラム)が小6移行されます。

 

 

②2020年度の中学数学・移行措置内容  
教科学年 内容 移行 内容
数学中1 累積度数 高校⇒中1

累積度数とは、最小の階級から各階級までの
度数の総和を表したものです。(2019年度から継続)

 

統計的確率 中2⇒中1 中2で扱われていた「統計的確率」が中1へ移行します。コインを何回か投げて、表と裏がそれぞれ出る回数を数える場面で、相対度数を確率とみなす内容です。
数学中2 四分位範囲 高校⇒中2 新学習指導要領では「統計的素養を身につける」というテーマがあり、中2で統計的なテーマを扱うことになりました。
箱ひげ図

 

 

 

 ③高校数学の検討内容

2024年度、大学入学共通テストについてプログラム等を扱う「情報Ⅰ」が追加される方針です。

なお、「情報Ⅱ」の中に「データの活用」 や「データサイエンス」の内容があります。